実家の味付けと我が家の味付け

実家は近いけれど、私は末っ子だったので両親は年老いておりあまりお世話になった事がない。でも久しぶりに今日訪れた。姉の一家も来ており、いとこ同士盛り上がり、夕飯は母と姉と三人で作った。メニューは肉じゃが、鶏肉とキャベツのニンニク炒め、カボチャと豆腐の味噌汁、マカロニサラダ。子供達はチーズを餃子の皮で包むお手伝い!でも出来上がってみてびっくり!肉じゃがの味が甘い!!我が家は主人が東北地方出身なので、醤油ベースが基本で大さじ六杯は入れる。母は砂糖大さじ三杯入れたとのこと。もう結婚して20年になるからすっかり忘れていたが、そうそう肉じゃがもほうれん草のごま和えもだし巻き卵も、元々私は甘い方が断然好みだったのに、今や味覚が変わってすっかり辛い味付けに馴染んでいたのだ。娘も息子も「おばあちゃんの肉じゃがは甘すぎる!」とほとんど食べなかった。しょんぼりする母に申し訳ない気持ちを抱えながら私は無理をして食べた。実家が遠くなったと改めて感じた一日だった。